札幌市の訪問看護・訪問リハビリテーションのサービス事業所です。

スタッフブログ

サウンド・オブ・ミュージックのトークショー

2018.08.13

いつになくコツコツと写真を撮る生活を送っています。

ただ撮影のために外出する機会が?時間が?ないので、気に入る写真を撮るまでには至らずです。

発行しているレターで皆さんの渾身の一枚をお願いした手前、自分も頑張って渾身の一枚を撮らないといけません。

ということで、ちょっと気になっていたトークショーに出かけてきました。

トークショーなんて初めてだったので、侮っていました。

想定していたよりも人が多く、きちんと写真は撮れませんでした。残念です。

まずはこうやって出かけることから始めないと、写真を撮る機会がないので頑張るしかないですね。

写真は劇団四季が公演している”サウンド・オブ・ミュージック”に出演している俳優さんです。

できれば、マリア役の平田愛咲さんに会いたかった。

真ん中の女性は、エルザ役の高倉恵美さん。

右側の男性は、トラップ大佐役の村俊英さん。

左側の男性は、マックス役の荒川務さん。

(下の写真では、子供たちにインタビューしている男性です。)

子役も会場にいたので、前に出てインタビューを受けていました。

しっかりした受け答えにビックリです。

12日は丘珠空港で航空ショーがあり、音を立てながら上空を飛んでいました。

やっぱり望遠レンズが欲しい!

小さすぎて何が飛んでいるのかサッパリわかりません。

世間はお盆休みのようで、隣の会社はお休みです。

スタッフみんなで休んで、体を休めて欲しいと思いますが、仕事柄、そうもいきません。

そんな時がいつかくればいいなぁ。

つぼみの勉強会

2018.07.25

つぼみではスタッフ全員で毎月勉強会を行っていますが、

今回は感染対策として、排泄物・嘔吐物の処理の仕方の実習を行いました。

看護師は知識も経験もありますが、リハスタッフは基本的な知識は持っているものの、

普段あまり行うことがない場面です。

記憶をたどって、相談しながら何とか行いました。

まずは嘔吐物に見立てて、豆腐を床に落とします。

床が汚れないようにビニールシートや新聞を敷き詰めましたが

意外と遠くまで飛び散っていることにも気付かされました。

使う物品は事前に用意してあったので、

その中から選んで、割とスムーズに行うことができましたが、

実際の場面では嘔吐などして体調の悪い利用者さんが目の前にいる中、

使う物品がどこにあるのかもわからない状況から対応が始まります。

適切な方法で、迅速かつ確実に行うことが求められる作業です。

作業の手順を「えーっとどうだったかな?」などと思い出しながら行っていては、

対応するのが難しいなと実感しました。

災害対策などもそうですが、

日頃の準備や定期的な振り返りが改めて必要と感じました。

久しぶりに

2018.07.18

最近は雨降りで湿度が高い日が多いので、

一眼レフを保管庫にしまったままとなっています。

久しぶりにカメラを手に取り、街をブラブラしてみました。

カメラの性能が良いとやはり写りも抜群です。

あとは自分の腕を上げるしかないなと改めて実感です。

 

花を撮ってみましたが、

主役の花が小さくなりすぎ、しかも手前にボケているのも重なってしまいました。

それもこれも足元をずっとウロウロしている集中を妨げるものがいたからです・・・と他人のせいに。

 

自分の撮った写真も見返してみると色々と反省することが多くあります。

まずはカメラを持ち、出歩くことから始めたいと思います。

未だ東屯田川遊水地、定山渓ネイチャーミナリエにも行っていませんでした。

こんな日が続いていたら撮りにも行きにくい。

何事もまずは始めること。

じゃないと周りの環境が変わることはないし、気持ちが動くこともありません。

まずは一歩踏み出すことが大事だと思います。

やっとそんな時間をとれるようになりました。

50回目のファーストキス

2018.06.27

今年は頑張ってブログを更新しています。

更新することが先行して、意味のある情報を発信できているのかと思うと疑問には感じますけど。

まずは更新することを優先して進めていきたいと思います。

 

先日、「50回目のファーストキス」というタイトルが気になっていたので、

久しぶりに映画館に足を運びました。

ファーストキスが50回目?!

その後はキスをしなくなったのか?

恋が成就しなかった?

それとも記憶を取り戻すことができたのか?

そんな思いを馳せながら映画を観ました。

 

映画を観終わった後に調べて分かったのですが、

2004年全米映画で一位を記録した「50回目のファーストキス」のリメイク版とのことでした。

今の世の中、ネットで調べると映画内容も出ていたりするので、

具体的な内容には触れませんが、

予想通りの脳損傷による記憶障害の話でした。

あと50回もキスは映像としては流れていないと思います。

50回目というシーンもありませんでしたので、

1回目だろうが、

23回目だろうが、

50回目だろうが、

何回目だろうとも記憶がないのでファーストキスということなんだと思います。

記憶がないとしても感情部分には変化がみられるようになっていました。

何年も寝たきりで過ごした後に目を覚ますという奇跡的な話をTV等で耳にしたことが皆さんもあると思います。

寝たきりであってもきちんと周囲の声は聴いていて、

反応がなくてもそれによって脳神経細胞の衰退が抑えられるようです。

認知症であっても反応がない寝たきりであっても

普通に接してあげることが大切なんだと思います。

日々の訪問の中でそう感じさせてくれる利用者さんもいます。

日頃の関わり方を改めさせてくれる良い機会となりました。

 

最後に5月23日は”キスの日”です!

第12回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in北九州を終えて

2018.06.18

第12回日本訪問リハビリテーション協会学術大会in北九州(平成30年6月16-17日)に参加してきました。

今回は地域の関係者に支えながら行っている屯田いたわりんくの活動報告を行ってきました。

前の週に風邪をこじらせてしまい、万全の体調とは行きませんでしたが、北海道から参加している方々にも応援を受けながら無事に発表を終えました。

発表後には、出版社の方に声をかけて頂き、活動の執筆依頼も受けました。ひと息つく暇もなく、次の作業です。

ただ屯田いたわりんくを立ち上げて3年。 通常業務も忙しい中、仕事をお願いしても快く引き受けてくれる気の良い仲間に出会えた事もとても貴重な財産なんだと思います。

 

 

あとは遠方に行った時の楽しみの一つであるお食事です。

大先輩である北海道総合在宅ケア事業団の菊地啓介さんと連日語らいました。

こんな機会じゃないとなかなか聞けないことも沢山話せました。

写真は勝手に拝借させてもらっています。

 

1 / 612345...最後 »
  • トップページ
  • 会社概要
  • 訪問看護事業
  • スタッフブログ
  • お便り
  • 求人情報
お問い合わせ
株式会社ハナミズキ

〒002-0854
札幌市北区屯田4条7丁目7-30
TEL:011-769-0151
FAX:011-769-0591

地図はこちら
このページの先頭へ